看護師の求人をしっかりと探す

保健師になりたいと思う方はまず看護師の資格が必要になります。看護師の免許を取得した後に養成所や指定の学校で保健師の必要な技術と知識を得て、保健師の国家試験資格がもらえます。4年制の看護大学や看護専門学校によっては看護師と保健師の両方の受験資格を得ることができる場合もあります。

このように保健師の資格を取得できても現在では看護師不足から、看護師転職クリニックの求人は多くありますが、保健師の求人は少なく、あったとしても人気のことから、すぐに終了してまう現状です。よって保健師の資格は持っていても仕事が見つからない理由から、看護師として経験を積んでいる方も多くいます。

看護師は職場によって夜勤や休日出勤など激務の理由から、保健師に転向を考えている方が増えています。また保健師は地域の人たちの心のケアや健康維持・増進と社会に貢献する役割が大きいのも理由の1つです。しかしながら、先ほども言いましたが、保健師の求人自体が少ない現状ですから、看護師求人を比較をして保健師転職サイトなど情報を常にチェックする必要があります。また保健師の勤務先も企業や公共機関、学校、保育園など様々ありますから、どのような場所で保健師として役割を果たしたいのか決めておく必要があるでしょう。

助産師の平均年収は?

助産師の平均年収はどのくらいなのでしょう。これは非常に気になるところですが、統計的に見ると、助産師の平均年収は、530万円前後のようです。看護師の平均年収よりはやや高めになっています。助産師になるには、看護師の資格が必須で、看護師よりもワンランク高い資格なので、年収が高いのも頷けます。

看護師を経てからステップアップとして助産師になる人がほとんどで、看護師としてある程度経験を積んでからでないと、助産師になることは難しいと言われています。助産師は、平均年齢が高めなので、看護師の高収入求人に比べて平均年収も自ずと高めになります。助産師の仕事は、専門性が高く、多くの経験が必要なので、平均年収は看護師よりも高いのです

。ただ、助産師の平均年収が良いといっても、最初から給料が良いわけではありません。それ相応の経験を積まなければなりません。助産師の初任給は17万円くらいからで、30歳以降でようやく27万円くらいになります。経験を積むと少しずつ上がっていく職種で、40代になって初めて平均年収が500万くらいになります。40~50代になると500万以上の平均年収になり、ボーナスも多いところであれば、100万くらいもらえるところもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ